×
HOME>トピックス>生涯にわたって活躍が可能な法律のスペシャリスト

目次

法律がキーポイント

資料を読む人

法律系の資格はたくさんありますが、登竜門と言われているのが行政書士です。弁護士や司法書士に依頼出来ない案件であっても、気軽に相談出来るのが行政書士の特徴です。テレビドラマの影響もあって、近年は受験者が増えています。合格率も3~10%を行き来していますし、決して簡単な試験ではありません。そんな中、東京は高い合格率を誇っています。一度の受験で仕留めるには、独学では限界があります。勉強の仕方を工夫すれば、無駄なお金を使わずに済みます。

専門スクールの強み

行政書士に限らずですが、合格を手繰り寄せるには過去問の分析が一番です。民法や憲法は判例まで覚えておく必要がありますし、細かな数字を変えて出題されることがあります。東京の専門スクールは過去問の分析に長けていて、予想問題を作るのが上手いと言われています。半年程度の学習期間であっても、効率良く勉強をすることで合格が可能です。

逆算をして準備

毎年、11月に行政書士試験は行われています。一年前から逆算して勉強を開始しておくと、余裕を持って当日を迎えられます。時事問題も複数出題されるので、新聞やニュースにも目を通すように心がけて下さい。東京の専門スクールの大部分で、夜間や休日の授業が行われています。答案練習や模試にも力を注いでくれますし、知らない間に実力が身に付いています。即開業をする行政書士もいますし、実践的な力を養えます。

広告募集中